まきと申します。      カフェ・食事ネタを中心に「好きなもの」をモリモリ詰め込んだの日記です。


by saru---rururu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:おうちゴハン&テイクアウト( 35 )

今日は、めちゃんこお気に入りのジャムをご紹介します。

オレンジスライスジャム!
c0045237_03153490.jpg

国産の完熟ネーブルオレンジを、輪切りのスライスにして、形を崩さないよう蜂蜜で煮てあります。オレンジの香りと果汁のしずる感抜群で、あと味さっぱりキレのいい甘みが最高なお品です。

瓶には、底からびっちりとオレンジスライスが詰まっています。2瓶購入したので、右のはひっくり返して写真撮ってます。このみっちりしたサイズ感がたまんないの笑

c0045237_03153488.jpg

王道はトーストで。生クリームではなく、水分の少ないギリシアヨーグルト(または水切りヨーグルト)に乗せるのが最近のお気に入り。塗り方が雑なのはスルーしてください。

フレンチトーストを甘さ極少なめで作って、このオレンジスライスジャムとメープルシロップで食べるのも好き。あとは、そのまま食べることもあるし、シロップを炭酸で割ってグラスにスライスを1枚入れたらとても美しい飲み物が出来上がります。紅茶に入れてもヨシ。パンケーキとか、マフィンとか作るときに一枚まるっと上に乗せるとインパクトがでます。豚肉を煮るのに使ってもいいらしいけど、勿体無くてできない。柔らかいので皮まで美味しく食べられます。オレンジスライスジャムになるのは、ネーブルオレンジのなかでも真ん中のサイズが大きく取れる部分だけなので、その希少性の高さお分かりいただけますか?!端っこの部分もジャムにして安く販売してくれたらいいのに!

会社はローズメイ、という秋田県の所のものです。残念ながら名古屋に店舗はありませんが、毎年名鉄百貨店の催事にきています。(今年は2017年2月8日(水)~14日(火)第4回全国逸品うまいものまつりに出店されていました)。最初に出会ったのもこちらの催事で試食をいただいたのがきっかけでした。

オレンジスライスジャムは、季節も、数量も限定。手作業で瓶に1枚ずつ詰めるから大量生産が出来ないんだそうです。催事でも1日100瓶限りなので、朝の苦手な私が、慌てて午前中から向かいます笑



楽天でも買えますが、オレンジスライスジャムは数ヶ月待ちになることもしばしば。やっぱり対面で試食しながら選べるのが好きかな笑 ほかのジャムやコンフィチュールも絶品です!
[PR]
by saru---rururu | 2017-03-02 01:16 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(1)
前からずーっと、ずーっと欲しいと言い続けてきたもの、ついに買いましたっ☆

コレコレコレっ!

第一印象から決めてました!
色黒でオトコマエなあいつ。
c0045237_216364.jpg

このツブツブ(ピコ)が重要!
この写真だけでわかっちゃうなら、あなたのことも私はスキよ。


それは鋳物のお鍋。
ストウブ。ココット オーバルの18cm。カラーはブラック。
c0045237_216268.jpg

ルクルーゼ、バーミキュラ、無水鍋と悩みましたが。決め手は、無水調理できること、そのままオーブンにも入れられること、内側はエマイユ加工で焼き付けも得意なこと、そしてやっぱり私はこのデザインが文句なく好き!と納得して購入。そして間違いなかった。

ピコのある、重た〜い蓋は、食材から出た旨味のある水分を逃さず、さらに食材の上に降り注ぎます。まだまだ全然使い込めていませんが、白菜やほうれん草、キャベツなんかをシンプルに無水調理で蒸し煮にすると、あぁ、野菜ってほんとに美味しいなぁって思えました。牛肉とタマネギをエキゾチックにトロトロになるまで煮込んだタジンもめちゃくちゃ美味しくできました。次はタンシチューとか作りたいなぁ。お米も美味しく炊けるらしいので試さなきゃ!

あー、もうお鍋使うのが、もとい料理するのが楽しすぎるっ!!ストウブマジックにかかって、さらに小さいサイズとか欲しくなってきちゃいます。悩みに悩んだけど、もっと早く買っとけばよかったかもっ。こんな高いお鍋買ったのはもちろん初めて。大切にします!

買うと決めたあと、1番悩んだのはサイズでした。もうワンサイズ小さい16だと、高さが出てフォルムが好みじゃなかったの。(もちろんそれが良さだと言う人もいます)18だとお米2合がぴったりです。カラーはもう完全にお好みでどうぞ☆

[PR]
by saru---rururu | 2014-12-25 23:23 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(0)
ときどき、巡ってくる自分的料理ブーム。今、まさに真っ只中です。

普段から最低限の自炊はしているんですが、ブームの時はなんだか凝ったことしたり、料理本見たり、普段は見向きもしない素材を買ってみたくなります。あんまり長くは続かないんだけど。

でも、調味料にはもともとこだわっているのでご紹介。料理の味を大きく左右する、調味料。「いいもの」は確かに少し高価だけど、調味料の贅沢なら、洋服やアクセサリーの贅沢よりは、かなり安価で済みますし(笑)、味が全然違います!私のつたない料理の腕をぐっとあげてくれる気もします。

みりんは、毎回こちらをリピート。
三洲三河みりん。
c0045237_2120721.jpg

「みりん風調味料」でなく、本みりんに変えてから、煮物がぐっと美味しくなりました。(←これ、以外と知らない人多いの。ご自宅のみりんはどちらかチェック!)本みりんの中でも、こちらの商品は甘さとコクが濃厚で、奥行きがあってしっかりしてるのに、すっきりした甘みが出ます。煮物の甘さは砂糖よりみりんでつけたい派です。

一人暮らしだし、そんなに沢山使うものではないので、いちばん小さい300mlのを選んで、早めに使い切るようにしています。けっこう使うので、次回700mlを買うべきか迷い中。一升瓶もあるみたいです。地元、碧南の角谷文治郎商店さんの商品なので、ここらへんのスーパーには大体置いてありますが、東海エリア以外では取り扱いが少なく、ネット通販やお取り寄せでも人気みたいですよ。濃厚なので、料理本に載ってる分量より、若干少なめに使用することをオススメします。

ちなみに、ザ和風なイメージの本みりんですが、分類はお酒。レモンをしぼって食前酒や、ドライフルーツを漬け込んでワインのおつまみ、なんてシャレオツな楽しみ方もできるらしい。私はやったことないけど。



お次はオリーブオイルとバルサミコ酢。こちらは特に定番はなく、その時に「美味しい!」と感じたものを選んでいます。
c0045237_2120815.jpg

今年の四月、三越で開催されていたイタリア展に出店されていた、神戸のサンヨーエンタープライズさんで購入。

まずは左のバルサミコ酢。
モンテベロ社のスペシャルバルサミコ。試食させてもらって、驚きの葡萄の濃厚な甘さ!控えめな酸味と、とろみ。もうとにかくめちゃめちゃ美味しいー!価格を見てびっくり、高い!けど25年熟成とかと比べたら安い!相当迷ったけどこれは買って良かった。ワインを試飲して、酔っ払って判断力が落ちていたわけではない!

安売りのお肉でも、焼いて、このバルサミコ酢をかけるだけでごちそうになります。牛、豚、鶏、なんでもござれ。もちろん白身のお魚、蒸しただけの野菜やサラダにも、いちごや洋ナシ、バニラアイスにも!超ごちそう!!


そして、オリーブオイル。
チェトローネ社のインテンソ。普段はRE(レ)のオイルを愛用していることを告げると、店員さんは「絶対コレが好みのはずだ」と試食をくれました。これ!おいしいー!フレッシュな青いハーブ系の香りに、ピリッとした辛み。これ、サラダやパスタの仕上げとかブルスケッタはもちろんだけど、カルパッチョや冷奴に絶対あう!美味しい!と感動してお買い上げ、絶賛愛用中でございます。フレッシュなうちに使い切らなきゃと思って、友達にも少しおすそ分けしたら、超美味しい!と言ってくれましたー。だよね、うんうん。

そんなこんなで、ちょっと高級品並べてみました。いひひ。今日はなにつくろうかなー☆


[PR]
by saru---rururu | 2014-10-16 21:20 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(0)

どハマり中。パルテノ。

c0045237_1353739.jpg

今、めちゃめちゃハマっている、濃密ギリシャヨーグルト パルテノ。

まずは関東エリアのみの発売でしたが、ようやく東海エリアでも気軽に買えるようになりました☆

とにかく濃厚で、滑らかでクリーミー!そして甘過ぎないすっきりした酸味!好み!!

そして、まき的テッパンかつ、大正解な組み合わせを見つけてしまいました(笑)

それは、プレーン+いちじくジャム。

まず、プレーン推しです。なぜなら蜂蜜やソースがついたものより安いのは勿論のこと、実は内容量も多いんです。ソース付きは80gですが、プレーンは110gです。この事実案外知らない人が多い。好きだから少しでもたくさん食べたい!(笑)

ソースより蜂蜜のが好みかなぁ、蜂蜜なら家にあるしなぁ、とプレーンを買っていましたが、ある日冷蔵庫に陰を潜めていたいちじくジャムを合わせてみたら、めっちゃあう!!ジャムとしては甘過ぎて失敗した、と思っていたボンヌママンのいちじくジャム。プチプチとした、いちじく特有の食感もあり、それは美味しい組み合わせに。もうすぐ無くなってしまいますー。

まだ開けていない、ストックのミルクジャムやマロンペーストにもいけちゃうかも。成城石井の限定ジャムも好きです。色々試せるのも楽しくて、やっぱりプレーンだなと実感。オススメです!
[PR]
by saru---rururu | 2014-05-04 00:57 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(2)

塗りたくりましょう

c0045237_2195280.jpg

最近のハマりもの。

ヨーグルト。

これ、ただのヨーグルトとは一味違います。だって、「ぬって食べるヨーグルト」なんですもんっ☆

水分量少なめで、酸味も抑え目で、ちょっぴり甘め。水切りヨーグルトとか、ギリシャヨーグルト好きな人は絶対好きだと思う。

ふわふわの焼かないパンよりも、カリカリに焼いたパンにこれでもか!これでもか!というくらい塗りつけて食べましょう(笑)さらにハチミツ掛けたりすると、完全にスイーツ。

後ろで、ベーグルをトースト中ー(笑)

シンプルなトーストもいいですが、ブルーベリーや、アップルシナモンのベーグルに合わせるのは間違いないですよ。

私はキタノエースで買ってまーす!


" target="_blank">
[PR]
by saru---rururu | 2014-03-07 01:55 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(0)
12月分のお料理教室っ♪

今回のメニューは、2品。
・アスパラと生ハムのリゾット
・豚フィレのカツレツ モッツァレラとアンチョビのせ

リゾットです。
c0045237_448167.jpg

ちゃんとイタリア米を使いました。日本のお米より、細長でぱさっとしています。水で洗いません。玉ねぎをもうほんとにクタクタになるまで炒めたら、その油をお米一粒一粒にも纏わせるように混ぜ、ベーコン、生ハムと一緒にブイヨンで煮ます、米粒がアルデンテに仕上がる感じ。緑色のはアスパラ。仕上げは少しのバターとパルミジャーノで。コクがあって、美味しいリゾットでした。お米がかなりアルデンテだったので、もう少しだけ火にかけて置いてもよかったかな☆

決めてはやっぱり玉ねぎ。あとは、生ハムは具材としてよりも、出汁を出すために使っています。なので切り落としの生ハムで充分だそうです。イタリア料理は、季節と土地柄がしっかり出るお料理。リゾットは、秋にとれたお米を使うので季節は秋冬、北イタリアで良く食べられています。北イタリアは酪農も盛んなので、チーズをはじめとした乳製品や、お肉なんかも良く使われています。南イタリアでめちゃめちゃ食べられているトマトとかあんまり使わないみたいだし、ニンニクも気持ち控えめ。なのでトマトベースのリゾットってほとんどあり得ないらしい。日本にはあるけどね(笑)

カツレツです。
c0045237_4481879.jpg

ミラノ風カツレツの豪華版。実際にミラノで食べたのはもっとお肉が薄くてカリカリでした。あれはあれでおいしかったけどね。ミラノも北イタリアですね。カツをつくったら、塩気のアンチョビを乗せて、その上にモッツァレラを乗せてオーブンへ。簡単なのに、一手間掛けた風に見えるオシャレ料理。ソースや味噌カツもいいけれど、たまにはフォークとナイフでカツを食べるのもいいなぁと思いました。添えたサラダは、イタリアンらしくオリーブオイルと塩コショー、バルサミコ酢でさっぱりと。ナッツ類を加えるとコクがでて、サラダ全体が美味しくなりますね。

今月のオイル。
c0045237_4481981.jpg

ウンブリア州の、マルフーガ。大好きな有元葉子さんもオススメのオリーブオイルです。しかも、写真よく見るとわかるのですが、2013年のノヴェッロ
オイルです。ノヴェッロは、フランス語のヌーヴォと同じ意味で、新しい、とか、出来たて、とかを意味します。一般的にイタリアから日本に入ってくるオリーブオイルは、船便で日数をかけてくることが多いのですが、こちらは先生がイタリアに行って買ってきて下さったので、ある意味空輸です。フレッシュ〜☆

青りんごのような、あと引く青い香りと、しっかりとした苦味、喉の奥にピリッと感じる辛み、誰でも、いいオイルと感じることができるタイプです。かなりアクの強い優等生って感じ。秀才タイプではありませーん(笑)

最後にこちらも先生のイタリア土産。
c0045237_4482066.jpg

パンドーロ。イタリアでは、クリスマスの定番スイーツらしいですが、初めて食べました。甘さしっかりめの、素朴なケーキでした。

ありがとうございました。
[PR]
by saru---rururu | 2014-01-22 01:15 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(0)

初買い。スープ。福箱

今年、最初の買い物はなんにしようかな〜。

元旦の夜に名古屋駅到着。

デパートや地下街の営業は2日以降がほとんどですが、タワーズのレストラン街は開いているのを知っていたので、行ってみました。明日の朝ごはん買っていこっと。

そしてふと、スープストックで福箱があることを思い出し、最初の買い物にふさわしい!と寄ってみました。
c0045237_3193486.jpg

じゃーん☆
スープストックトーキョーの2014年の福袋ならぬ、福箱です。

冷凍のスープ1つ180g、480円がランダムに9つ入って3150円。1つ当たり350円。スープストックは、栄勤務の時のランチで時々お世話になってます。スープ好きなんだよね〜☆この福箱、定番で、実は去年もおととしも狙ってました。でもね、でもね、2日の買い物の嵐の時に冷凍のスープ買う気になれないよ。重いし、なんてったって溶けちゃうもん。

なので、今から家に帰るだけってタイミングで元旦に売ってるなら、最高!しかも福箱購入でもポイントカード押してもらえまして、ちょうど20ポイントたまりました☆次のランチタダで食べらます。わーい(笑)


そして問題の中身について。
ヴィシソワーズ×3
オマール海老のビスク×2
サムゲタン×1
ミネストローネ×1
生姜入り和風スープ×1
田舎風ビーフスープ×1
でした。
c0045237_3193544.jpg

オマール海老のビスクは大好きなので嬉しい!冷製のヴィシソワーズは夏にお店でもよくオーダーする商品で、しかも売り切れてることが多いのです。3つはちょっと多い気もするけど、温めても頂けるのでヨシとします。

こんな感じでスリムなパッケージなので、冷凍庫のなかでもそんなにかさ張りません。私、普段から自分で作ったスープを冷凍してあります。休みの日に野菜モリモリのミネストローネを大鍋で作るの。(ジャガイモ入れないのが冷凍する時のコツ) 冷凍庫にスープがあれば、温めてトーストしたバゲットと食べるだけで立派なご飯。何にもない時に重宝します。アレンジして、パスタをばきばき折って一緒に煮ちゃったり、カレールゥを入れたらカレーになります。話が脱線しちゃいましたが、これは、大好きな有元葉子さんのレシピ本にのってたアイデア料理なんですよ☆

とにかく、いつでも食べられるスープが冷凍庫にあるって、ものすごい安心感が生まれて幸せ。だから、この福箱オススメですよー。

洋服の福袋とか、ギャンブル性のあるものは向かないけれど、中身がある程度分かってるものや、消耗品ならありだと思います。

また買ったもの紹介しますねー!
最近は、良く行くショップとかは年内にプレセールしたりするので、お正月に、セールに参戦!とかしないで済んでます。

あーー、明日(もう今日)から仕事だっ!!休みが過ぎるのは本当に早い…。
[PR]
by saru---rururu | 2014-01-04 00:43 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(2)
はーい。10月から新しいクールのレッスン始まりましたよ。
今回もめちゃめちゃ簡単☆
c0045237_2336899.jpg

・生ハムグリッシーニ
・ほうれん草とベーコンのキッシュ風オムレツ
・真鯛と水菜のスパゲッティ ペペロンチーノ
の3品。とはいえ、生ハムグリッシーニは、市販のグリッシーニに生ハム巻くだけ笑 おつまみには最高です。

キッシュではなく、キッシュ風。コツは卵液にも、具材にも少しずつきちんと味つけ、つまり塩コショウをすること。先生がよく言ってること、「必要な時にきちんと塩を効かせるのが大切、最後に同じ分量をふりかけても同じ味にはなりませんからね」って。ほんとにその通りなんだよねー。

パスタもシンプル。でもこういう料理こそ、飽きずに食べられて、素材や調味料の良さで差がでちゃいますね。イタリアンとしては邪道でも、ほんのちょっぴり醤油をいれても美味しいそうです。
c0045237_2336947.jpg

オイルはサルディーニャのサンジュリアーノです。とんがった所がなく、トロミがあるのに、後から後から、軽い苦味と辛味を感じます。前菜でサラッといただくよりも、パンにつけたり、スイーツと合わせるのに向いてそうだなー。
[PR]
by saru---rururu | 2013-12-08 23:14 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(0)
先月の分。
半年ごとのレッスンも三期目のラストとなりました。

今月のメニューは
・ナスとトマトのシチリア風スパゲッティ
・秋刀魚の香りパン粉焼き
の2品です!

パスタ
c0045237_4263250.jpg
シチリア風というだけあって、ナスとトマトを使った濃いめのパスタ。ニンニクの香りをじっくり移すのは毎度のコツですが、玉ねぎの薄切りもじーーっくり一緒に炒めてぐっと甘みを引き出します。根気強く。その分煮込み時間は短め。仕上げにペコリーノチーズ(塩分強めの羊のチーズです)とゆで卵。

秋刀魚
c0045237_4263354.jpg
めちゃ簡単。パン粉、パセリ、ニンニク、パルミジャーノ、オレガノ、オレンジの皮を合わせた、香りパン粉を作って、秋刀魚の皮目にのせてオーブンで焼くだけ!簡単なのに塩焼きとは違うイタリアーンなお味になります。下味はしっかりしてあるので、レモンをキュッと絞って、フレッシュなオリーブオイルをたっぷりかけて頂くとさっぱりして美味しいの!

付け合わせもオーブンで。根菜を乱切りにして、オリーブオイル、ローズマリーとニンニク、塩コショーと一緒にローストしただけ〜♪

c0045237_4263441.jpg

今回のテイスティングは、ラウデミオ。トスカーナの有名なオイルです。良く知られているのはフレスコバルディですが、今回のはサンミケーレです。フレスコバルディはレストランでも良く見かけます。ラウデミオは、40程のオリーブオイル生産者から成る、ラウデミオ組合に認められたオイルということです。「ラウデミオ」を名乗ることが許された製品は同じボトルに詰められますが、ラベルや化粧箱はそれぞれ異なります。

美しいライムグリーンのオイルは、さらっとさっぱりフルーティな香りで、後味はぴりりと辛口、苦味も感じられます。年によっても、また年月によってもどんどんオイルの色は変わっていくそう。新しいほど鮮やかなグリーン。秋刀魚はもちろんですが、お豆腐やお刺身なんかの和食にもあうオイルだと思いました。

パスタは基本的にシンプルな料理。家でも随分美味しく出来るようになりました。正直もうやめてもいいかな、とも思いましたが、月に一回っていう頻度がちょうどいいし、何より美味しくて楽しいので継続することにしましたー☆
[PR]
by saru---rururu | 2013-10-23 00:26 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(2)
先月の分ですー。
今回は2品。
・たことブロッコリーのマリネサラダ
・チキンとパプリカのトマト煮込み
c0045237_1232561.jpg

マリネサラダは、お酢を使わず、レモン汁とオリーブオイルでさらっとさっぱりと。夏にぴったりな好きな味でもりもり食べられます(笑)混ぜたてよりも、少し馴染ませた方が美味しいので早めに作っておきます。

ちなみに1
マリネとカルパッチョの違いとは!
マリネは調理法。お酢やお酒、オイルなどで作ったマリネ液に漬けたり混ぜたりします。対してカルパッチョは、料理名。イタリアでは生のお肉の薄切りにマヨネーズベースのソースをかけたものが基本。日本でカルパッチョといえば、白身魚を指すことが多くて、広く生ものを薄くスライスしたもの、という意味で捉えられています。なので、全く同じ材料でも混ぜずに刺身用のたこをうす切りにして、マリネ液をソースとしてかけておけば、カルパッチョと言っていいのかもしれません!

ちなみに2
イタリアではもともと生の魚を食べる文化がありませんでした。お魚のカルパッチョを最初に作ったのはラベットラの落合シェフと言われているのは有名な話。その後、 世界での日本料理ブームや、刺身・寿司の浸透によって、本場のイタリアでもお魚がカルパッチョとして出されるようになったそうです。逆輸入的な感じかな?

もちろん全て先生のお話の受け売りー(笑)

チキンの煮込みは、パプリカがかなりいい働きをします。オーブンで真っ黒になるまで焼いて、皮を剥いて煮込みの最後に加えるんですが、バランスのいい甘みとさっぱり感が美味しいのです。ペンネを添えていただきました。こちらも実は一日置くと味が染み込みます。


c0045237_1232686.jpg

今回のオリーブオイルテイスティングはこちらの2種類。ん?同じっ?

違います。
同じオリーブ畑の、同じ品種を、同じ製造過程で作られていますが、オリーブの収穫時期が違うのです。きちんと味わうと、ちゃんと味の違いがわかって驚きでした。若い時期のものは青くぴりっと爽やかで、完熟してからのものはあっさりと軽い味わいなんです。すごいですよねー!ちょっと感動しました。次回は秋刀魚!!

楽しみですー☆
[PR]
by saru---rururu | 2013-09-08 00:32 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(0)