まきと申します。      カフェ・食事ネタを中心に「好きなもの」をモリモリ詰め込んだの日記です。


by saru---rururu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

南部鉄器のカラーポット

夏の終わり頃に、購入した南部鉄器のカラーポット。南部鉄器は約400年の歴史を誇る盛岡の伝統工芸品。温かいお茶が美味しいこの頃。毎日使える季節になって嬉しい限り!


数年前から、フランスの紅茶ショップでティーポットとして使われ初めたり、オシャレな雑誌で取り上げられていたのは知っていて、気にはなっていたんですね。

偶然TVで(多分和風総本家だったと思う)で見かけて、職人さんかひとつひとつきちんと仕事をしている様子に惚れて、購入を決めました。裏側にもちゃんと岩鋳と文字が入っています。

販売されているのは、フランスの紅茶専門店アンシャンテジャポンさんのものです。
c0045237_5232139.jpg
南部鉄器カラーポットを取り扱う
オードゥラデメール
。オードゥラデメールはフランス語で海の彼方へ、という意味だそうです。もともとは、海外向けとしてつくられていたシリーズを逆輸入みたいな形で日本で販売が始まったようです。

通販も出来ますし、雑貨屋さんで一種類、二種類置いてありますが、名古屋なら三越が断然品揃えいいです。

悩んで、やっぱり最初に手にとった、カモミールの白、大きいサイズ。ポット敷きもお揃いで購入☆素敵すぎるーー!
c0045237_5231781.jpg

c0045237_5232074.jpg

c0045237_5232050.jpg

迷ったポイントとメリットとデメリット
メリット
・伝統工芸品でメイドインジャパン。
・有料だが、アフターメンテナンスできる。
・将来的に色を替えることも可能
・高い保温性で、温かいまま保ちやすい
・昔ながらの急須に比べてデザインが素敵
・緑茶、紅茶、ハーブティーなど多用途

デメリット
・重い
・鉄瓶ではないので火にかけられない
・錆びないように内側は琺瑯びきなのはメリットだが、南部鉄器の良さのひとつである鉄分補給はできない
・汚れとサビには気をつける
・お値段

悩んだけど、ちょうど急須が欲しかったのと、テーブルに出した時に自分がテンション上がるのは容易に想像出来たので購入して大正解だったと思ってます。あまりの素敵さにカラフルなシリーズやほかにも欲しくなっちゃった。

c0045237_5272888.jpg

c0045237_527281.jpg

展覧会が行われたり、日本の外国向けポスターにもピンクのカラーポットが採用されてます。こっちのキクシリーズはポット敷きが可愛いくて、次にローズか紺色のねらってます。



最初は緑茶オンリーでしたが、最近は紅茶のほか、こちらのクスミティーのデトックスもよくいただいています。
c0045237_523192.jpg

フランスのお土産で頂いて美味しかったので、最近は自分でも購入。クスミティーの取り扱いは大分増えてきたけど、この黄色いほうのデトックスはほとんど見かけませんのでネットで。

相変わらず珈琲は自宅でネルドリップ始めるほど好きですが、お茶もいいですね!カラーポット、大切に使っていきたいです。


[PR]
by saru---rururu | 2014-10-22 01:04 | 雑貨☆小物 | Comments(0)
今年は夏にあまりブログを更新しなかったので、まとめて。

世の中がけっこうなカキ氷ブームだったので、わりとあまのじゃくな私は新規開拓はほとんどなく、機会があるときに定番のお店で新しいのを楽しんだ感じでした。

カキ氷初めは6月の相生さん。
ここではやっぱり定番いっちゃうなー。宇治金時か、宇治ミルク金時かの二択です。白玉も好きだけれどどっちでもよかったかも。
c0045237_4115750.jpg


東区のカフェ、尼ケ坂で。たべたことなかった苺を。苺は好きなのに、アポロとか、イチゴポッキーとか、苺フレーバーものはあまり好きじゃない私。でもこれはまんま苺なので大好きな感じでした。
c0045237_4115870.jpg



ここだけは流行り物のっかりました。
錦三丁目に期間限定でオープンしていたプルメリアカフェで。練乳氷をかくので、とってもクリーミーな氷です。でもあんまり好みじゃなかった。スイーツとしてならともかく、盛り付けも、店内の雰囲気も、私のカキ氷レーダーにピピっときませんでした。
c0045237_4115976.jpg


栄地下でアクセス抜群の緋毬さんへ。
ここへは何度か通っているので、変わり種のティラミス氷。マスカルポーネのクリームと珈琲のシロップで確かにティラミス。中には珈琲ゼリー。これはこれで美味しい!よく出来てる!だけどやっぱり甘味屋さんでは大好きな宇治系&金時ものにしよう、と決意したまきでした。

ティラミス食べたい時は、ケーキ屋さんかイタリアンに行くしね!(笑)
c0045237_412044.jpg




オマケ
ティラミス氷で思い出した。先日コンビニの菓子パンコーナーで、抹茶味のホットケーキに、あんこをはさんである商品を見かけました。むしろそれ、もうどら焼きでいいんじゃない?と思いました。もちろん買ってないです。どらやきに生クリーム入ってるパターンは嫌いじゃありません。

オマケ2
c0045237_412232.jpg

夏の差入れで頂くアイス類。こいつがあるとついつい選んでしまうのです。ガリガリ君よりサクレ派です。普段外で食べるカキ氷に比べたら氷の粒が大きいので、頭がキーンとするのですが、それはそれで風情があります。

レモンに接している酸っぱい所が特にスキです。レモンを食べるタイミングで悩むのも楽しい。

カキ氷よ、また来年!
と、いいつつ一年中カキ氷を出してくれるお店は嬉しくて、そして時々食べてしまいます。なんだか、淡々とした文章になってしまいましたが、私の熱いカキ氷への愛を汲み取っていただければ幸いです。
[PR]
by saru---rururu | 2014-10-22 00:53 | ♡SWEETS♡ | Comments(0)

軽井沢でバカンスだー!

今年の夏休み。
勝手に前倒しして7月に連休取って軽井沢へっ。避暑地でバカンス〜♫ほんとの目的は友人の結婚式だったのですが、楽しかったー☆

石の教会での結婚式。式中の写真が禁止と聞いて最初はがっかりしましたが、厳粛な雰囲気が増すし、参列者が、写真を取ることではなく、結婚する2人と式に集中できてとても良かった。長いバージンロードは感動的。多少なりとも大学時代に建築をかじった私たちは、そのつくり佇まいにもうっとり。披露宴は天気にも恵まれ、軽井沢の美しい緑の中でのアットホームな会。お料理も美味しくて、とっても楽しかった〜。Kびん、ほんとにおめでとう☆☆☆

夜は参加した大学時代の友人たち+そのお子ちゃま1人でホテルのコテージ泊。久しぶりのワイワイお泊まり楽しすぎたーーー!

翌日は、旧軽井沢へ〜。
新婦にオススメしてもらったエンボカさんへ。「軽井沢価格だけど、ピザと野菜が美味しい!」とのこと。人気店らしく、予約必須です。食べログさん→エンボカ旧軽井沢店

昼シャンから☆
にひひ。バカンスだからねー!
c0045237_2302991.jpg


ピザはハーフ&ハーフが出来て嬉しい。ホテルの朝ごはん食べてからそんなに時間たってないから、軽くだけど色々食べたい私たちには嬉しい。人数に合わせてカットしてくれる所もニクいですね!

マルゲリータと、季節の野菜アスパラをチョイス。焦げ目まで美味しい!アスパラそのものも美味しいし、さらアンチョビとチーズの塩気でシャンパンが進むぜっ
c0045237_2303012.jpg


薪窯焼き野菜の盛り合わせ
軽井沢の色鮮やかな野菜がたっぷり。もともと濃い野菜の味が、窯で焼くとさらに凝縮されてる感じで美味いなぁ。塩があう!これは味噌のがいい!とワイワイ頂きました。人参だけは土の味が強すぎたかしらん(笑)
c0045237_2303113.jpg


あとほんの少しのお腹の余力は、メインやパスタではなくスイーツピッツアで締めました。いちじくと桃です。両方とも完熟で最高に食べごろのフルーツ、美味いにきまってるでしょー!これは邪道といわず絶対食べるべき。ハーブティーの種類も沢山でポットでサーブされるので、まったりするのにも最適です。
c0045237_2303251.jpg


お隣のテーブルのメインも美味しそうでしたし、しっかりお腹を空かせて、がっつりコースも良さそうだな。緑を基調にした、スタイリッシュな店内も素敵でした。満足〜♫

このあとは少し観光して、雨が降ってきたのでリニューアルしたばかりのアウトレットをチラ見して、ホテルへ。だらだらしたら、夜は2時間みっちりスパへ。全身流してもらったら、身体がめちゃくちゃ軽くて、夜はいつも以上にこてっと寝ちゃいました。んー!バカンス最高!軽井沢ダイスキです。昼間は流石に暑いけど、ムシムシはしないし、朝晩は爽やかな涼しさ。ゴルフするメンバーだったら、ラウンド気持ちいいだろうなー。

翌日はさらにちょこっと観光して、さらに翌日も休みの私は1人で夕方に東京へ移動。買い物して、仕事帰りの友人と久しぶりに会ってごはんしてから、名古屋へ帰ってきました。既に軽井沢の爽やかな空気が懐かしいくらいむし暑いです。

結婚式じゃなかったら、土日またいでの連休なんて取れなかっただろうし、友人と上司に感謝です。ありがとうございました!!
[PR]
by saru---rururu | 2014-10-21 23:29 | 日記・旅・出来事 | Comments(0)
c0045237_084563.jpg

最近、月イチの割合で通っている、お気に入りのトンちゃんのお店。矢場町にある「がんこちゃん」!!

お店は狭くて席もぎゅうぎゅう、暑くてもわもわ、煙がもくもく目に染みて、そのくせ相席あたりまえな、レトリーな店内ですが…、間違いなくうまい!

そもそも、ホルモン系ダメだった私。
なんとか、もつ鍋から食べられるようになったものの、得意とはいいがたい。だけも、食べてみたらすぐに、美味い、美味いとハマっております。味噌トンちゃんは、頼まなくてもまずは人数分出てきます。

まき的には塩とんちゃんと、サガリがテッパン。あの、寺門ジモンさんも通うお店です(笑)ただし、家で洗える服で行くことは必須。二次会のスナックでは、必ずママさんに「みんな臭い〜」って煙たがられています。ゴメンねー。
[PR]
by saru---rururu | 2014-10-18 23:57 | お店で飲んだり食べたり | Comments(0)

2014錦秋名古屋顔見世

歌舞伎を見て来ました。
錦秋名古屋顔見世、夜の部です。
御園座がクローズしているので、金山の日本特集陶業市民会館です。相変わらず年齢層は相当お高め(笑)
c0045237_352177.jpg


歌舞伎なんて、わかんないよーーと思いつつ初めて見たのは、2013年3月の御園座。新しくなった歌舞伎座に行くことそのものが目的だったというか、若手スター勢ぞろいの豪華な2013年9月の陰陽師に続き、既に三回目。面白いですよ〜。もちろんイヤホンガイドでの説明必須です。今回の演目は三つとも内容が全然違っててよかった。

菊五郎さんの、明るくて面白くて可愛らしい身替座禅もよかったし。←恐妻に隠れて浮気しちゃうけど、やっぱり見つかって怒られちゃうという、わかりやすいストーリーは、外国の方にも人気の演目だそうです。

男役が美しい菊之助さんの、伊勢音頭恋寝刃。様式美の素晴らしい本朝廿四考。歌舞伎って、舞台が近いから焚き染めたお香の香りまでしっかり漂います。奮発して、一等席で見てるのもあるけれど、表情までしっかり見られるし、スターと呼ばれる方々のオーラはほんとにすごい。


夜の部は、4時スタートの8時終わり。
お昼にしっかり食べて、幕間のお弁当はスルーして、終わってから外に食べにいくスケジュールにしました。。
c0045237_352065.jpg

おやつに最中アイス☆御園座じゃないけれど、御園座名物食べられて良かった。その場で挟んでくれるので、最中パリパリ、アイスは柔らかで美味しいんです。

面白ろかった!
歴史とか、見所とかは全くわからなくても、イヤホンガイドでばっちりわかります。

わざわざ東京や京都まで行くほどの熱意はないけれど、名古屋で気になる演目やるならまた行きたいなー。来年春には、中日劇場でラブリンこと片岡愛之助さんと、市川猿之助さん主演が決定してるそうなので、演目に期待しております!
[PR]
by saru---rururu | 2014-10-17 01:29 | 日記・旅・出来事 | Comments(0)
ときどき、巡ってくる自分的料理ブーム。今、まさに真っ只中です。

普段から最低限の自炊はしているんですが、ブームの時はなんだか凝ったことしたり、料理本見たり、普段は見向きもしない素材を買ってみたくなります。あんまり長くは続かないんだけど。

でも、調味料にはもともとこだわっているのでご紹介。料理の味を大きく左右する、調味料。「いいもの」は確かに少し高価だけど、調味料の贅沢なら、洋服やアクセサリーの贅沢よりは、かなり安価で済みますし(笑)、味が全然違います!私のつたない料理の腕をぐっとあげてくれる気もします。

みりんは、毎回こちらをリピート。
三洲三河みりん。
c0045237_2120721.jpg

「みりん風調味料」でなく、本みりんに変えてから、煮物がぐっと美味しくなりました。(←これ、以外と知らない人多いの。ご自宅のみりんはどちらかチェック!)本みりんの中でも、こちらの商品は甘さとコクが濃厚で、奥行きがあってしっかりしてるのに、すっきりした甘みが出ます。煮物の甘さは砂糖よりみりんでつけたい派です。

一人暮らしだし、そんなに沢山使うものではないので、いちばん小さい300mlのを選んで、早めに使い切るようにしています。けっこう使うので、次回700mlを買うべきか迷い中。一升瓶もあるみたいです。地元、碧南の角谷文治郎商店さんの商品なので、ここらへんのスーパーには大体置いてありますが、東海エリア以外では取り扱いが少なく、ネット通販やお取り寄せでも人気みたいですよ。濃厚なので、料理本に載ってる分量より、若干少なめに使用することをオススメします。

ちなみに、ザ和風なイメージの本みりんですが、分類はお酒。レモンをしぼって食前酒や、ドライフルーツを漬け込んでワインのおつまみ、なんてシャレオツな楽しみ方もできるらしい。私はやったことないけど。



お次はオリーブオイルとバルサミコ酢。こちらは特に定番はなく、その時に「美味しい!」と感じたものを選んでいます。
c0045237_2120815.jpg

今年の四月、三越で開催されていたイタリア展に出店されていた、神戸のサンヨーエンタープライズさんで購入。

まずは左のバルサミコ酢。
モンテベロ社のスペシャルバルサミコ。試食させてもらって、驚きの葡萄の濃厚な甘さ!控えめな酸味と、とろみ。もうとにかくめちゃめちゃ美味しいー!価格を見てびっくり、高い!けど25年熟成とかと比べたら安い!相当迷ったけどこれは買って良かった。ワインを試飲して、酔っ払って判断力が落ちていたわけではない!

安売りのお肉でも、焼いて、このバルサミコ酢をかけるだけでごちそうになります。牛、豚、鶏、なんでもござれ。もちろん白身のお魚、蒸しただけの野菜やサラダにも、いちごや洋ナシ、バニラアイスにも!超ごちそう!!


そして、オリーブオイル。
チェトローネ社のインテンソ。普段はRE(レ)のオイルを愛用していることを告げると、店員さんは「絶対コレが好みのはずだ」と試食をくれました。これ!おいしいー!フレッシュな青いハーブ系の香りに、ピリッとした辛み。これ、サラダやパスタの仕上げとかブルスケッタはもちろんだけど、カルパッチョや冷奴に絶対あう!美味しい!と感動してお買い上げ、絶賛愛用中でございます。フレッシュなうちに使い切らなきゃと思って、友達にも少しおすそ分けしたら、超美味しい!と言ってくれましたー。だよね、うんうん。

そんなこんなで、ちょっと高級品並べてみました。いひひ。今日はなにつくろうかなー☆


[PR]
by saru---rururu | 2014-10-16 21:20 | おうちゴハン&テイクアウト | Comments(0)